images

 

 

 

 

 

www.lifehacker.jp

 

こんにちは。中谷です。

私生活の充実=仕事の充実。

感覚的にそうだろうなぁ〜というところはあっても、なぜそれが良いとされているんでしょうか。

私生活が充実すれば仕事面も充実し、ひいては人生も充実します、と私がいつも参考にさせて頂いている『人生が変わる二枚目の名刺〜パラレルキャリアという生き方〜』にも書いています。私生活を充実させることで創造性が向上し、ビジネスにも繋がるとのこと。

これに関しては、私自身まだまだ試行錯誤の状態ですが、自分なりの経験を踏まえて解釈をした内容を綴ります。

感性を磨いている事例紹介→意識しないと感性は鈍る!?→マーケティングは自分に学べ!→自分を磨けば相手がわかる!

という順番なんですが、少し長くなるので2回に分けてお送りします!

 

◼︎貪欲に感性を磨き続ける友人〜感性を磨いている事例紹介〜

私は現在ルームシェアをしているのですが、そのメンバーの一人にプロダクトデザイン(製品のデザイン)をしている会社に勤めている人がいます。

利益をあげなければいけないビジネス面でのデザインは、如何に感性に訴えかけるか、というところが重要なので、彼も普段から自分の感性を高めることに非常に気を配っています。

着るものはもちろんのこと、部屋の状態や良いものに触れるということ。ふらっといく居酒屋もサービスが画一化されたチェーン店ではなく、こだわりをもった料理やサービス、空間を提供しているところに行くようにしています。

その姿勢にはいつも勉強させて貰っていて、非常に重要な考え方だと私も思うので、少しずつではありますが取り入れさせてもらっています。

 

◼︎感性は意識しないと磨かれない!〜現代社会の感性事情〜

今の時代、情報が非常に多く、様々なサービスやモノが標準化されて、一人一人が感性を磨く機会は少なくなってきています。かくいう私も感性は鈍いです。。。意識をしていなかったからです。

自然と感性が高い人もたくさんいますが、感性は意識をしないと磨かれません。逆に言えば、普段から意識をすればどんどん感性は磨かれていきます。

自由の利きやすい私生活面は、感性を磨くチャンスが沢山あります。そこでいろんなことに感動したり、楽しんだり、時には傷ついたりすることで、感性が磨かれていきます。

それがどのように創造性に繋がるのか。次回、マーケティングと感性の関係性を切り口にしてご紹介します!