images

 

 

 

 

 

serif.hatelabo.jp 

 

ルームシェアあるある

パソコンのバッテリーをうっかり職場などに忘れても、他のメンバーに貸してもらえるところに、Mac bookの普及率の凄さを感じる。

 

こんにちは。中谷です。

パラレルキャリアを推進していくということは、本業以外の活動をすすめるということです。今回はそのために如何に時間を作るのか、という話は様々な本で紹介されているので、なぜ時間を作るようにシフトしていくのが大事なのか、という話をします。

 

①残業は戦後作られた考え方!?

残業をしてでもしっかりと働く、というのは、一説では現在の働き方にそぐわないといわれています。理由は、戦後はモノを作ればどんどん売れる、という時代だったので、少しでも長く働くほうが会社にとってメリットだったからです。IT化が進んだ今では、結果が全てなので如何に生産効率性を高めるか、という方にエネルギーを使う方が良いと言われています。

②作った時間で独自性を磨く

本業だけをやっていると、考えがその仕事のスタイルに凝り固まってきます。そこで様々な活動を展開することで思考方法や活動にも幅がでて、活動の質そのものが向上してきます。

 

といった具合です。その他にもあげていくときりがありませんが、人生の時間は有限です。同じ人生なら、一つ一つの活動の質を高めて、少しでも良い人生にするための努力をすることが大切ですね!

という私も、ついつい夢中になって、長時間仕事をしている、という状況が良くあります。。。自分自身を客観的に見て、メリハリをもって仕事をしていくためにも、今回の内容は自戒の念もこめまして。。。^^;

 

次回のテーマは”活動を発信する”です!