060717_curl1

 

 

 

 

gajetdaisuke.com

 

ルームシェアあるある

コタツの中での足の伸ばし方が幾何学的。

 

こんにちは。中谷です。

本業以外の活動を進める工夫第二弾です。第二弾はネタを小出しにする、ということです。どういうことでしょうか。。。

それではさっそく。

 

◼︎パラ変え流 本業以外の活動を進める工夫その② 

〜ネタを小出しにする〜

副業などの本業以外の活動を進めていくと、徐々にスキルや知識がついてきます。何もしなくても普段の会話などで徐々に認知が広がっていくこともありますが、せっかくなので、本業にもそのスキルをいかしましょう。それで改善が見られれば、本業からのバックアップが得られやすくなることは言うまでもありません。

 

・副業が会社の事業に!?

あくまでも私の経験なので少し特殊な部分もあるのですが、少しでも参考になれば。

前回、会社の仕事の一環として輸出を進めていくことができるようにはなったのですが、まだ仕事のボリュームとしては1作業でしかありませんでした。そこで折角自分自身が培ったネット販売のスキルを会社の商品の販売に生かそうと考えました。(それまでは日本のありとあらゆる商品を売っていました。今もですが。)

タイトルのつけ方、写真の撮り方、相場の調べ方、説明の書き方、広告の仕方などなど、今まで培ってきたスキルを総動員して試しに会社の商品を載せてみた結果、なんと出品してから2日で商品が売れたのです。

それを何回か繰り返していくと、実績として積み上がっていくので、会社に報告した結果、予算が降りることになったのです。つまり一つの事業として認められた状態ということです。

 

・存在価値を高め、やりがいを高める!

これは個人輸出の例ですが、皆さんが持っているスキルを細分化していった場合、何か一つでも本業に還元できるものはあるはずです与えられた仕事だけでなくて、自分で何か工夫をしてみた瞬間、それは自分自身で仕事を作っているという状態です。それが自分の役割を高める第一歩なのです。

 

ある程度進め方には工夫が要りますが、このように自分が副業で培ったスキルを本業に還元して結果を出すことができると、本業からのバックアップは受けやすくなります。そうするとあなた自身の評価も上がることはもちろんなのですが、何よりも仕事にやりがいを持って臨めますし、本業、本業以外、プライベートのバランスもどんどんとりやすくなってきます。一人で出来ることは限られています。いい意味で自分が関係する環境の力を利用することをオススメします!

 

次回は本業以外の活動を進める工夫 その③です。

それでは!

 

冒頭の写真はカール工場の製造工程の一部です。結構有名なシーンなのでご覧になられた方も多いかとは多いますが、機械の穴の中からカールがどんどん小出しにされて次々と切り取られていくのは圧巻です。気になった方は是非youtubeでご覧ください!