八方美人

人に好かれるための7つの法則 | Lifehacking.jp

ルームシェアあるある
洗濯機が動く頻度は大家族並み

こんにちは。
中谷です。

前回お伝えしました、
アイカンパニー
という考え方。

このメリットはもうひとつあります。

それは、『八方美人ブランディング』です。

一人で複数の活動をしていると、
複数の顔を持つようになります。

会社員としての顔
イベント運営・参加メンバーとしての顔
経営者としての顔
看板娘としての顔(?)
ボランティアメンバーとしての顔
ブロガーとしての顔

などなど。

様々な顔を持つようになります。

それはつまり、あなた自身を売り込む機会が、
活動の機会の数だけあるということです。

『パラレルは作れる』のテーマでの連載の
最初の方の回でお伝えしたように、軸が明確で
あればあるほど、ブランディングの構築に
強く結び付きます。

私の例で言えば、伝統産業マーケッターとして
ブランディングを作っていっています。

全ての活動がそこに結び付いてるので、
自分が何者であるかを全ての場面で
お伝えしてます。

じわりじわりとではありますが、その輪は
広がりつつあります。

このように活動の軸が強くなるにつれて、
自分を売り込む機会も増えるのです。

軸がぶれにくくなるほど、
自分のブランディングに
直結します。

これが八方美人ブランディングです!

自分を上手く売り込み、ブランドを
確立していきましょう。

次回のテーマは本業を疎かにしない、です。

冒頭の写真はLife hacking.jpさんから抜粋してきた
ものです。
この中で人にすかれるためのコツとして、

八方美人にならない:人気をとろう、他人の機嫌をとろうとするのは、短期的に相手に気に入られるかもしれない反面、長期的には本当の自分を隠してしまうことになって逆効果

とありました^^;
今回、使っている意味は違いますが。。。

最近よんだ、”嫌われる勇気”でも
同じような事がかいていました。

またリーディングマラソンのコーナーで
ご紹介します!