掛け算

さて、前回でついに本業とは別の名刺が
できました。

本業と違った分野で活動して
生活の質を高める。

これがパラレルキャリアの醍醐味!!

、、、ではありません。

私の個人的な考えですが、
本業と相乗効果を起こしてこそ
パラレルキャリア
だとおもってます。

もちろん本業とは全く関係ない
分野で別の活動をするのも問題
あません。

ただ、個人的な考えとして、
自分の夢や目標に効率よく
アプローチできるのであれば、
組織に属した方がいいです。

というのも、人・モノ・金・情報
は組織である方が集まりやすい
からです。

個人でできることは限られてます。
だからこそ、上手く本業と相乗効果
を起こせないか考えてみる。

全てが体系的に結びついてこそ
面白くなってくると思います。

というのも

・本業のスキルが使えれば質の高い相乗効果が起こせる

・本業と本業意外の活動の資源を結びつけられれば、
効率的に目標に近づく事ができる

・活動の成果が目に見えるようになり面白い

という利点があるからです。

例えば、私の目標(というより使命)は
『日本の伝統文化を世界へ発信していく』
です。

現在はECサイトを使って日本のものを
海外に売り出してます。

このプロセスでネットを使った
マーケティング手法を駆使します。

この手法を使って今の会社の
商品を国内にも売っています。

また、国際交流イベントの主催や
地元の情報発信サイトのライター
としての活動は地域のキーマン
とつながったり、今後のパートナー
を見つけるのに役立ってます。
(半分以上の活動の目的は、趣味みたいな
もんで活動してますが、、、^^;)

また個人輸出のやり方を人に
お伝えすることは、今の動きを
組織化して、活動を効率よく
進めるのにも一役買ってます。

このように、自分だけでなく、
他人から見ても最低限腹落ち
するぐらい体系立てた活動を
すれば、相乗効果はすさまじい
ものがあります。

・本業のスキルが使えれば質の高い相乗効果が起こせる
・本業と本業意外の活動の資源を結びつけられれば、
効率的に目標に近づく事ができる
・活動の成果が目に見えるようになり面白い

活動の共通点が多くなる程、
これらの効果は大きくなります。

考えてみて下さい。

「本業以外に力をいれてて、本業は身が入っとらん!」
と、肩身の狭い思いをするよりも、

「普段の活動が本業に繋がってからスゴイな。。。」
という方が、間違いなくいいです。

ワークライフバランスは、仕事とプライベートの境目を
はっきりするイメージでとられがちですが、仕事とプライベート
が相乗効果を起こして面白い状態になっているのもアリだと
おもいませんか?

>旅行も兼ねて国内や海外に仕事へ行く
>子供への教育も兼ねてイベントへ参加したり主催したりする
などなど。。。

パラレルキャリアの可能性は無限大です!

それでは今回はこのへんで。

次回のテーマは、パラレルで自分を見つけられる
です。

冒頭の画像はプロレスラーの小島さんのお茶目な発言
で有名な画像です。
ただ、これは試合で興奮してたから仕方ないのかな
と個人的に思います。特にこの記事を書いたライターも
配慮して修正したらいいのにとずっと思ってます。

それはさておき、一緒に移っている天山ですが、
業界(?)でも有名な大の妖怪ウォッチ好きです。
強面とのギャップが面白いですよね笑
ただ、実力はプロレスと同等かそれ以上の凄腕だ
そうです。

これもパラレルキャリア??