サバイバル
http://free-photos.gatag.net/

この働き方を知らなければ、生き残れない!?
今回ご紹介する本はコレカラの時代のサバイバル術の
エッセンス”1万円起業(THE $100 START UP”)です。

内容をざっくり言うと、自分の趣味や得意分野を仕事に
して、身を立てましょうという本です。

この考え方は、

そうなったらいいですね

ではなくて、

これからの時代、自分で稼ぐ力をつけないとヤバいです

という話です。

なぜか?

それはコチラでお伝えしてますので今回は割愛します。

この本の中で起業する条件として、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①製品またはサービス=あなたが売るもの
②代金を払ってくれる人々=顧客
③支払いを受ける手段=製品またはサービスと金を
引き換える方法

の3つがあれば事業は回っていく
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

という内容があります。
さらにこのような事も言っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
情熱を注いだとしても、誰もお金を払う気に
ならないものはある。
情熱に加えて必要なのは、他人の問題解決に
繋がるスキルだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というもの。

これは私が色々と情報を得て、自分なりにまとめて
みたことと共通するところがあったので、非常に共感
できました。

無鉄砲な情熱だけでやり通せる程、ビジネスは
甘くありません。

非常にシンプルにいうと、
ビジネス≒悩み解決
です。

そもそも誰も悩んでいなければ、ビジネスには
なりにくいです。

ビジネスの起こし方として
マーケットイン
プロダクトアウト
という考え方があります。

それぞれ、

・プロダクトアウト
→世の中にないもので、自分が発想した
製品を売り出す
(Iphoneみたいなイメージ)

・マーケットイン
→世の中のニーズを汲み取り、
それを解決する手段としての商品

ということです。

日本の高度経済成長期などはそもそもモノが
なかったため、プロダクトアウトの発想で
商品を広げていき易い時代でした。

しかし、それ以降はモノが溢れかえり、モノが
売れにくい時代
となりました。

するとマーケットインの発想が台頭してくるのです。

ビジネスを手始めにするには、まずはマーケットが大きい
ところから攻める方が効率が良い
です。

じゃあそのマーケットの大きいニーズとは!?
そのニーズにどうアプローチすればいいのか!?

その全てはここでお伝えします。

3ヶ月で売上100万円ペースにのせる副業講座
~大増税時代で生き抜く手段~

なんか本の紹介というより自分のセミナーの
宣伝みたいになってしまった、、、

ただ、この本の内容は正に今の自分の生き方
に近いのでそうなるための具体的な方法は
お伝えできると思います。

、、、ってますます宣伝っぽくなってきたので、
今日はこのへんで失礼します!^^;

1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法/飛鳥新社

¥1,512
Amazon.co.jp